糖質制限3ヶ月で-12kg

誰でもデキル!40代管理人が実践している糖質ダイエットの全て!

糖質制限中のアルコール(お酒)は?

time 2016/03/30

糖質制限中のアルコール(お酒)は?

糖質制限中でも飲めるお酒はあります。
アルコールは「太る」から!
と思っていませんか?
種類だけ間違わなければ大丈夫です。
もちろん、カクテルなどの甘いお酒はNGです。

飲めるお酒の基本は「蒸留酒」となりますけど。
では、OKのお酒とNGのお酒を見てみましょう。

◆OKなアルコール飲料(お酒)
original

・糖質0%
【ウィスキー】【ブランデー】【ジン】【ウォッカ】【焼酎】【糖質0%発泡酒など】

もちろん、ハイボールなどもOKになります。
ただしジントニックなどは、トニックに糖質が含まれているものあるので
注意が必要です。

・糖質少量
【赤ワイン】グラス1杯/1.5g 【白ワイン】グラス1杯/2g
【糖質70%OFF発泡酒】約3.5g

軽く飲む分には問題ありませんが、ワインはものによって糖質量が変化しますので
甘いものは要注意です。というか飲み過ぎなければ問題ないレベルです。
1本とか軽く空けないでくださいね。

◆NGなアルコール飲料(お酒)
f14c3f0e6f9d888aefc82f1ebeac471b

【発泡酒】中ジョッキ/12.6g
【ビール】中ジョッキ/10.9g
【梅 酒】グラス1杯/10.4g
【日本酒】純米-1合190ml(徳利・マス)/7g

もちろん、オレンジジュースやリキュールを使ったカクテル類もNGです。
ジンジャーエールを使ったバック系やコーラのカクテルなんかもNGですね。
もちろんコカ・コーラゼロなどを使ったカクテルがあれば別ですが・・・

★ 総 評 ★
ゆっくり派
普 通
ガチ派

お酒の種類さえ気をつければ、ガチ派の方も問題なくアルコールは楽しめます。
ガチ派「△」の理由は、ワインもやめておいたほうが良いのでこのようにしました。
あと、注意したいのは、お酒もそうですが、
一緒に食べる「おつまみ」に注意してください。

こちらは、お酒のおつまみ編で紹介します。

ファーストフード



sponsored link